むくみの原因と解消法法

むくみの原因と解消法法

人の体内では、血液が水分や栄養を細胞へと運び、不要となった水分が静脈やリンパ管に戻ってきます。このとき、静脈やリンパがちゃんと流れていないと水分が溜まってしまい、むくみになります。
むくみになる原因は長時間立ったまま、あるいは座ったままで同じ姿勢を続けることが挙げられます。また、運動不足で冷え症だったり、血行が悪いことも原因になります。水分や塩分の取りすぎもよくありませんアルコールもむくみの原因になります。利尿作用があるため水分が減り、喉が渇いて水分を取りすぎてしまうのです。また、下肢静脈瘤や肝臓や腎臓の病気によってもむくみは起こります。
むくみを解消するには、血液の循環をよくすることが大切です。血液の循環をよくするには運動が手っ取り早い方法です。脚の筋肉が弱るとむくみにつながりますのでウォーキングやストレッチなどの適度な運動を習慣にしましょう。また、リンパマッサージやツボ押しなども効果があります。シャワーだけで済ますのではなくちゃんと湯船につかるようにしましょう。寝るときに足元を少し高くする脚枕を使うと静脈の流れが促されます。
食事のときはカリウムの多い食品を摂るようにします。アボカド、ホウレンソウ、セロリ、トマト、レーズンなどです。またポリフェノールには血液をサラサラにする働きがあります。大豆、ブルーベリー、ショウガ、緑茶などに含まれます。塩分の多い、濃い味付けの加工食品は避けるようにしましょう。